カテゴリ:☆イタリア旅行2008年春( 2 )   

ローマ散策①【ローマは5日にしても成らず】   

おはようございます。
皆様、如何お過ごしですか?


今日はお料理教室→お琴のレッスン→そして夜は。。。


 フェルゲッティーナのメーカーズディナー♪ 


13種類も出てくるらしいです。
辿り着けるのかしら、最後まで???


◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△


「アルバム整理し終えたら見せてね」


そう語学学校のクラスメイトに言われていたものがやっと仕上がり、先日イタリア語のレッスンに持参しました。
授業後、カフェを飲みながら、先生も一緒にみんなで見ていたのですが、彼女が


「ローマってこんなところもあるんだね」


そうなんです、知らないところがまだまだたくさん!!


  ローマは5日にして成らず(笑)


これまでで一番長い期間(5日間)ローマに滞在していたのですが、新たな発見、初めて行くところありと
流石、歴史が古い町だけあって奧が深いですね。


毎日、散策に行く時に通っていた道
d0136342_8572725.jpg



Complesso monumentale S.Sprito In Saxia
何だろう?知らないなぁ~
d0136342_8583390.jpg



週に一度、月曜日の午前、午後のガイドツアーでしか見学できないんだぁ~
日程的に、残念!!
d0136342_858673.jpg



見学された方、ご報告お待ちしてま~す


◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△

ヴィットリオ橋を渡って、ジューリア通り(via Giulia)へ===>


道なりに歩いて行くとあるパラッツオの前に外国人カップルがいました
彼等、何やらガイドブックを見ながら建物についてあーだ、こーだと。。。
このパラッツオって有名なのかしら?


Palazzo Ricci(パラッツオリッチ)
d0136342_8593888.jpg



16世紀の建物みたいです、薄っすらとしか肉眼では見ることができませんが、おそらくきっと、窓の上には素敵な絵が描かれていたんでしょうね。
d0136342_901489.jpg



後で調べたら、ここにはローマ生まれのイタリア文学批評家・エッセイストであるマリオ・プラーツがしばらくの間住んでいたようです。
現在、彼の住居博物館なるものが市内にあるようなので次回行くことがあれば訪れてみたいかも。。。


そのままジューリア通りを進んで行くとある広場に出ました。
d0136342_962373.jpg



その広場に面して建っているのがファルネーゼ宮
d0136342_912911.jpg



これがファルネーゼね、へぇ~
あっ、ここも...
事前予約が必要な旨が書かれてしました。
次回はここにも見たいなぁ~
d0136342_922633.jpg



ここを後にしようと歩きだしたところ右手奧の方に何やら奇妙な顔をした噴水が。。。
近づいて行ってみました。
d0136342_924155.jpg



わぁ~、こんなところがあるんだぁ~
この通り良い感じ ♥
明日はここを歩いてみよ~っと♪
d0136342_925974.jpg



日本でも歩くのは好きなのですが特にヨーロッパでは大~好き♥♥♥
歩け歩け隊です、って1人なんですが(爆)
でも、歩いていると普段気が付かなかったもを見つけることありますよね。


ここからこの日の午前中はテヴェレ川沿いを歩き、橋を渡り、更に泥棒市と言われている蚤の市が開かれていたポルタポルテーゼまでテクテクと歩いて行ったのでした。
d0136342_932213.jpg



写真を見せてって言ってたクラスメイトは今週からイタリアじゃなくてパリから帰国。
いいなぁ~、って行ってきたばっかりだって(爆)
d0136342_942213.jpg

[PR]

by firenzitalia | 2008-05-28 09:04 | ☆イタリア旅行2008年春

ヴィチェンツァで偶然見つけたお店はミシュラン掲載店!?   

おはようございます。

しばらく間があいてしまいました(汗)

ここのところバタバタ...

イタリア&パリから帰ってきて一週間ほどしてラスベガス、そして東京と。。。

これからまたゆっくり更新していきますので宜しくお願いしま~す

◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△◆◎△

パリに6日間滞在後、格安航空(←国内で問題視されていると言われたmy air.com)でひとっ飛び!!

d0136342_9145498.jpg

ヴェネツィアの空港→メストレ、電車を乗り継ぎ一番最初に入ったイタリアの街、それがヴィチェンツァ。


初めての訪問となったのですが、素晴らしい建築の数々、街も綺麗でとっても素敵なところでした。
ヴィチェンツァは有名な建築家パッラーディが生まれたところですもんね。


到着した当日はとっても良いお天気で汗ばむような暑さ(汗)
d0136342_9152374.jpg



それでも日が落ちると北はまだ寒くて{{ ( >_< ) }}
着替えて出陣!!
さぁ~て、今日は何食べようかなぁ~♪(/゜)/ ̄ハィ♪


ウロウロしていると一軒のお店を見つけました。
d0136342_9154258.jpg



ん?扉のところにミシュランのステッカー発見!!(メニューのすぐ脇、赤色の丸いもの)
メニューのリストを見るとそれほど高くもなさそうなのでディナーはここに決定!!
d0136342_91688.jpg



って空いてる席はあるのかしら???
予約で満席だったりして。。。
扉を開けるとお店の人が


「こんばんは」


「予約してないのですが大丈夫ですか?」


「もちろん、さぁ~どうぞ」


わ~い\(^O^)/


21時過ぎに予約なしで来店した方は断られていました。
早くて良かったぁ~、Meno male!!

☆食べたお料理☆  

まずはワインを一杯!!

その後もグラスで二杯ほど。
d0136342_9174362.jpg


◆前菜
ティンバッロ・ディ・ソルプレーザ・ヴィチェンティーナ DOP(Timballo di sorpresa vicentina)
エ・ラディッキオ・カンポ・コン・ポレンタ・ブルストラ(e radicchio campo con polenta brustola')

d0136342_91857.jpg



◆プリモ
ビゴーリ・アリ・スキオッピ(Bigogli agli Schioppi)
d0136342_9182352.jpg


前菜は迷ったのですが、プリモはメニューを一目見て、お~、ビーゴリ!!
ビーゴリはヴェネト地方とマントヴァの伝統的なパスタ、トルッキオ(圧搾機)などを使って押し出して作られます。

スキオッピは元はスキオッポなのですが辞書で引いて見ると鉄砲やライフル銃の意味が出てきます。
きっと、このビーゴリに挿してあるのを見立てているんでしょうね~


◆セコンド
フィレット・ディ ブランジーノ・アロッシート(Filetto di branzino arrosito)
コン・アスパラジ・フレスキ・ビィアンキ・エ・ヴェルディ(con asparagi freschi bianchi e verdi)
d0136342_9184495.jpg



スズキを焼いたものにホワイト、グリーンアスパラが添えられたお料理
バランスが絶妙で、あっさり、とっても美味しかったです。


ドルチェをいただきたかったのですがお腹いっぱ~い!!
ビーゴリの量が多かったみたいです。
お店の人に言ったら、


「また、次回だね」


ってことは。。。
戻って来いってことかしら!?
外に出たらすっかり辺りは暗くなっていました。おやすみなさ~い(^^)/~~~
d0136342_919476.jpg

[PR]

by firenzitalia | 2008-05-22 09:28 | ☆イタリア旅行2008年春